自動車業界
サプライチェーンマネジメント

信頼できる柔軟なサプライチェーン
自動車産業がよりグローバルになり、海外にあるサプライヤーやメーカーとの連携が加速するにつれ、変化し続けるサプライチェーンを常に最新のものにし、課題に対応していくことが今ほど重要な時はありません。

少ない誤差

ジャストインタイム生産は、バラツキ、生産性、コストのコントロールに役立ちます。しかし、デメリットもあります。企業は突然の需要の急増を経験し、システムの精密さゆえに、サプライチェーンのショックの影響を受けやすくなります。材料や部品不足による出荷の遅れ、時間的制約のある注文への対応、OEM組織が職免する収益性のリスクと顧客の不満などの弊害です。

複雑なサプライチェーン

平均的なOEM車には、自社製造またはサードパーティから調達した約30,000の部品が含まれています。自動車業界のサプライチェーンマネージャーは、何千ものメーカーやサプライヤーと仕事をしなければなりません。サプライチェーンに遅れが生じると、重要な部品の製造や流通が滞り、生産停止につながる可能性があります。OEM市場が採用しているジャストインタイム(JIT)に基づくことによる、コスト増も生じます。

混乱した供給網

ここ数年、自動車のサプライチェーンは、混乱に強いことが要求されています。例えば、世界的なコンピューターチップ不足により、2021年にはある大手メーカーの生産量が40%減少し、2020年にはCovid-19のパンデミックにより、全世界の生産量が16%減少しているのです。サプライチェーンは、このような問題に耐えられるレジリエンス(回復力)が必要とされています。

ユニークなドキュメントセット

自動車メーカーのサプライチェーンでは、ジャストインタイムのサプライチェーンを効率的に運用するために、非常に特殊な電子文書が使用されています。マテリアルリリーススケジュール(MRS)のような多くの文書は簡単にシステムに統合されず、実際、サプライヤーやメーカーはこれを計画のためにのみ使用することになります。 つまり、小規模なサプライヤーや専門家、他の地域のサプライヤーは、統合されたEDIソリューションを容易に採用することができないのです。

アフターマーケットの複雑さ

アフターマーケットのサプライチェーンも同様に複雑です。何千もの異なるブランドとモデルが道路を走っています。これらを維持するために、何千もの純正部品やアフターマーケット部品を供給し、それを何千もの整備工場に、通常は非常に短い納期で納品する必要があります。同様に、自動車アフターマーケットの小売業者も大きな業界であり、自動車アフターマーケット製品だけでなく、急速に変化する消耗品も仕入れるために、何千ものサプライヤーとコネクションを持つことが必要です。

自動車サプライチェーンマネジメント|EDI|オートメーション|B2BE

自動車産業向けソリューション

  • 電子データ交換
  • ウェブEDI
  • ウェブポータル

B2BEは、OEMや自動車アフターマーケットのEDI文書や標準をサポートすることができます。OEM市場はEDIを早くから採用しており、OEM市場の多くは、特に米国の組織では、今でもANSI標準を使用しています。一方、他のOEM市場はEANCOMをサポートしています。B2BEの複数対地間 (any to any connectivity) アプローチは、簡単にサポートすることができます。同様に、あらゆるアフターマーケットのドキュメントやフォーマットも、同じ方法で管理されます。 MRSのように統合が容易でない、あるいは統合する必要がないドキュメントでも、例えば生産担当者が計画のためにそれを必要とし、人が読めるフォーマットが必要な場合は、Excelフォーマットとして電子メールで送信するよう設定することも可能です。

サプライヤーによっては、特に新興市場において、統合されたEDIベースのソリューションをサポートできない場合があります。しかし、B2BEのWeb Traderを使用することで、自動車メーカーやアフターマーケットのバイヤーは、サプライヤーベースと電子的に取引を行うことができ、サプライヤーは通常契約上の自動車EDI要件に適合させることが可能です。このソリューションは高度にモジュール化されており、自動車供給ネットワーク内のサプライヤーに対して異なるプロセスモデルを実行することが可能です。また、異なる機能要件やルールに対して設定可能なプロセスモデルを実現し、自動車業界のあらゆるドキュメントをサポートします。さらに、これらはすべて、使いやすいWebインターフェースで提供されます。

現在、自動車業界のサプライチェーンは、何千もの異なるメーカーやサプライヤーに依存しています。これら組織を一つの効率的なネットワークに統合することは、特に可視性とコミュニケーションにおいて非常に困難なことです。

B2BEのウェブポータルは、自動車メーカーやアフターマーケットのバイヤー、サプライヤーが、サプライチェーンパートナーと簡単にコラボレーションできるようにするためのものです。B2BEが提供するオンライン環境は、安全なシングルテナント・プラットフォームであり、分散化された情報へのシングルアクセスポイントを実現します。自動車メーカーは、1つの環境で複数のサプライチェーン要素を追跡することができます。

自動車業界のサプライチェーンに貢献します

より一層

精度と視認性の向上

B2BEのEDIとウェブポータル・ソリューションにより、OEM自動車メーカーとアフターマーケット流通業者は、サプライチェーンを通じてより正確なデータを期待することができます。パートナーは一つのプラットフォームで確認することができ、リアルタイムで更新される変更により、透明性が向上します。また、通常、オンラインや消費者向けの組織にしかできない応答性と顧客サービスが可能となります。

オートメーション

自動化によるコスト削減

従来、自動車のサプライチェーン改善は、生産が完了するまで放置されていました。しかし、手作業によるデータ入力からの脱却は、自動車サプライチェーンのスピードアップとエラーの最小化につながるものであり、早急に必要なものです。これらの利点は、生産性を向上させながら運用コストを削減し、変化する自動車サプライチェーンをよりよく管理できるようになります。

任意文書

いかなる文書、あらゆる方法で

特に自動車メーカーにおいては、メーカーやシステムの所在地によって、UNEDIFACTやANSI X12標準に準拠した非常に特殊な文書が取引される必要があります。
B2BEの柔軟なアプローチは、自動車サプライチェーンのサプライヤーがドキュメントの一部または全部を統合し、コンプライアンスと応答性を維持できることを意味します。

ハンドコピー4

オンボーディングとエンゲージメント

自動車メーカーがEDIソリューションで特に進んでいる一方で、アフターマーケットの自動車販売会社は、サプライヤーのデジタル化の遅れが課題となっています。
B2BEのソリューションは自動化を支援するとともに、オンボーディングプロセスも管理しながら、サプライヤーとのエンゲージメントを日々解消しています。

自動車業界のサプライチェーン・コネクション

B2BEの製品とサービスに関する無料デモ

類似項目

お問い合わせはこちら
クローズスライダー
印の項目は必須項目です。
  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。
トップページに戻る