B2BEのウェブEDI

サプライヤーがビジネスドキュメントを電子的に取引するよう取り込みます。

製品概要

電子取引

B2BE web-EDI製品は、EDIベースのソリューションをサポートできないサプライヤーと取引するための優れた方法です。EDI未対応のサプライヤーとも電子的に取引することができます。

サプライヤーへの通知

ドキュメントをWeb-EDI環境に送信すると、サプライヤは新しいドキュメントの受信時に通知を受け取ります。サプライヤー側でもオンラインで処理されるため、サプライヤーは電子的に対応できます。

Web-EDIプロセス

通常、Web-EDIプロセスモデルは発注書から始まり、サプライヤはこれを発注書の応答、ASN、請求書などの任意の数のドキュメントに変換できます。

モジュラーワークフロー

Web-EDI製品は高度にモジュール化されており、さまざまなタイプのサプライヤに対してさまざまなプロセスモデルを実行できます。あるサプライヤーが別のサプライヤーとは異なるドキュメントのセットを持っている可能性があることに注意してください。

主な特徴

構成可能なプロセスモデル

Web-EDI製品を使用すると、バイヤーはさまざまなプロセスモデルを構成できます。これらのモデルには、さまざまなドキュメントタイプ、さまざまな検証または機能要件とルールが含まれている場合があります。

サプライヤーリンク

各プロセスモデルは、さまざまなサプライヤーにリンクできます。経費の商品やサービスのサプライヤーは、再販のために商品を供給するサプライヤーとは異なるプロセスモデルを持っている場合があります。如何なるプロセスにも対応できます。

使いやすいインターフェース

Web-EDIインターフェースは簡単で直感的であるため、それらを使用するサプライヤーは使用に関するトレーニングを必要としません。非常に迅速にオンボーディングできるため、非常に迅速に取引できます。

ビジネスルールを簡単に適用

各プロセスモデルは、特定のビジネスルールをさまざまなドキュメントタイプに適用できるため、インターフェイスはサプライヤーが実行できることと実行できないことを管理します。たとえば、バイヤーとしてバックオーダーを許可しない場合、サプライヤーが発注書の確認または請求書を送信すると、プロセスモデルによっては、サプライヤは購入時にそれ以上の発注書の確認または請求書を作成できなくなります。

主な利点

監査と通知

完全なドキュメント監査および制御プロセスは、処理を待機している新しいドキュメントがあることをサプライヤーに警告する自動通知があります。

サプライヤーのEDIエンゲージメントを補完する

使いやすいオンラインインターフェースにより、すべてのサプライヤーがEDIをサポートできない場合に電子的に取引することができます。 Web-EDI製品は、単一の発注書に対する複数の請求書などの複数の応答ドキュメントなどのビジネスプロセスをサポートします。

オンボーディング

B2BE Webポータル製品を通じてバイヤーの関与をほとんど必要とせずに、サプライヤーを自動的にオンボードしてWeb-EDIを使用する機能があります。

プラグアンドプレイ接続

B2BEのWeb-EDI製品は、他のB2BEドキュメントアウトソーシングソリューションと組み合わせることができます。ドキュメント配布コストを削減するのに役立つ強力なドキュメント配布および受領のプロセスを作成できます。

データシートのダウンロード

世界での信頼

+ 0
クライアント
+ 0
取引先
+ 0
サービスを提供する国

統合された
ソリューション

サプライチェーンとビジネスプロセスを自動化するための構成可能なプラグアンドプレイソリューション。

20年以上の
経験

組織が活用できる幅広い業界ベースの経験を持つ優れたチーム。

競争力のある
価格

競争力のある価格設定により、組織は低コストとより良い投資収益率を実現可能です。

素晴らしい
サポート

実装、配信、運用後における継続的なニーズに対するすばらしいサポート。

5500以上の顧客からの信頼

実績

Scroll to Top